太陽光発電の自宅導入を解説するサイト

太陽光発電の注意点や現状の問題点は

導入における注意点とは

東日本大震災以降、太陽光発電の勧誘を行う業者が多くなりましたが、数ある業者の中には、邪なことを考えている業者もいますので、いくつか注意点、注目すべきポイントを確認しておきましょう。
まず、期間限定やキャンペーンを「年中」ずっと謳っている業者は、とにかく顧客を引き入れる事が大事になってしまっていて、説明をしっかりしていない業者が多いので、勧誘には焦らずにじっくり数社分は検討しましょう。
次に、営業担当を新人のみに任せている業者は、あまり話を受けるべきではありません。
太陽光発電導入には、新車1台を買う位の費用が掛かる現状に対して、施工や契約の経験に乏しい人間「だけ」を対応させるというのは、業者の態度としては好ましいものではないからです。
こうして見ると、いわゆる悪徳企業対策と変わりありませんが、太陽光発電はここ10年ほどで盛況となり、業者も玉石混交なので、特に注意する必要があるのです。

太陽光発電が抱える問題点

まず、景観や自然環境の変化は否定できません。
自然エネルギーで環境に貢献しようとして、景観や設置場所の環境を破壊してしまうことは皮肉としか言いようがありませんが、問題が生じている地域は確かにあります。
また、空き地への安易なパネル導入で、農耕地を減少させてしまうことや、パネルに使用されているシリコンなどの廃棄の問題も残ります。
更に、台風や竜巻などでパネルが飛ぶことの危険性や被害もあり、今年の大阪の台風では、被害も多数報告されています。
また、大工場で導入されているパネルが火災で燃えて、消火がこんなんとなる問題も生じています。
更に、元々屋根の上に重量物を設置することを想定されていない自宅への設置で、地震などの際に歪みや軋みを生じさせてしまう場合もあります。
しかしいずれも、これからの法律整備や悪徳業者排除で十分減少できる問題ではあるので、導入への政府・民間双方の努力が求められています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る